キャッシング情報チャンネルでは

キャシング情報チャンネルでは、アコムやモビット、プロミスなどの消費者金融カードローンのスペックや、キャッシングの審査、申し込み方法などキャッシングについての情報をお送りしていきます。

急な出費というのは、いつ何時おきるか予測できないもの。 結婚式のご祝儀、各種お祝いごとへのプレゼント代金、お通夜や葬儀に持っていかなければいけない香典や、急病になったときの病院代などなど…いざというときにまとまったお金がなくて焦ってしまうこと、いままでありませんでしたか?

そんな時、心強いのがキャッシングです。 キャッシングは今すぐにお金が必要なのに手元にない場合、一時的にお金を借りることができます。 キャッシングでお金を借りる、というと、「法外な金利」や「怖いお兄さんの暴力的な取り立て」などのマイナスなイメージがあるかもしれませんが、それは一昔前のもの、。 今は法整備もしっかりなされ、法外な金利を課されることもなくなりました。また、大手消費者金融や銀行系のローンなら、怖いお兄さんとも無縁です。借りる業者をきちんと選び、計画的に利用すれば、ほとんど金利を払うことなくスマートに必要額を借りることができるんです!

まずはキャッシングの基礎を学び、安心して利用するためのポイントをおさえていきましょう。

今すぐ、即日でキャッシングしたい方は大手消費者金融の中ではアコムを推奨しています。
アコムは審査時間が30分程度な上、融資スピードもピカイチ、しかも30日間無利息サービスのあるのでおすすめです。
また、審査通過率も大手消費者金融の中では1番です。
以下のページにアコムの即日キャッシングについて詳しく記載してあります。
>>アコムの即日キャッシングについて
上記は公式サイトではありませんが、アコムの公式サイトよりもわかりやすく説明しているので参考にしてみてください。


キャッシング手続きの流れ

どのような手順でお金を借りることができるのか。申し込みから、実際に現金を手にするまでの大まかな流れを見ていきます。


1)キャッシング申し込み

キャッシングの申し込みの方法はさまざまあります。

・店頭での申込み…古くから最も一般的なもの。 キャッシング会社の職員と対面で書類の記入などをして申し込む。 職員と実際にやり取りしながら進むため、疑問点などを直接質問することができるが、 キャッシングするところを誰かに見られる可能性などのデメリットも大きい。

・自動契約(無人契約機)での申込み…大手の消費者金融のほとんどで導入しているのがアコムの「むじんくん」に代表されるこの自動契約(無人契約機)。 実際には、室内には複数のカメラが設置してあり、申込者の行動などはすべてキャッシング会社から観察されています。その場に職員がいないというだけで、店頭申込みとほとんど同じと言っていいでしょう。

・電話申し込み…まず電話で、氏名、生年月日、電話番号、他者の借り入れ状況や職業など、必要事項を一通り申告し、電話を切って待つスタイルです。その後約30分程度でキャッシング会社から電話がかかってきて、審査の結果を教えてくれます。 審査が通った場合は店頭や自動契約機、ファックス、郵送などでの本契約が必要で、最終的には2度手間になってしまいます。

・インターネット申し込み…スマートフォンの普及で一気に便利になってきたのがこのインターネット申し込みです。 パソコン、スマートフォン、携帯電話などから24時間365日いつでも申込みすることができます。誰にも会わずに借入までできるので人気のある申込み方法です。


2)審査

キャッシングの申し込みをすると、すぐに審査が始まります。他社の借り入れ状況や、返済の履歴などをチェックし、いわゆる「ブラックリスト」に載っているような人の場合はこの段階で落とされてしまいます。 審査に通ると、融資OKの旨と、限度額がいくらかという連絡が来ます。


3)キャッシング本契約

審査に通れば次は本契約です。申し込みと同様さまざまな方法がありますが、やはりインターネットでの契約が一番便利です。 必要な確認書類などは、スマートフォンや携帯電話のカメラで撮影して送ってしまうだけ。とても簡単ですし、条件によっては即日お金を借りることができる可能性もあります。


4)入金(融資実行)

契約が終わればあとは現金の振り込みを待つばかりですね。銀行に行き、指定口座に契約通りの金額が振り込まれているか確認しましょう!


キャッシングの審査ってどのようなことをするの?

さて、大まかな流れは分かりました。 その中で最も気になるのが「審査」ですね。ここに落ちれば借り入れができないわけですから、どうしても通りたいところ。でも、いったいどのような審査が行われているのでしょうか?


1)個人信用情報の確認

申し込みを受けたキャッシング会社は、まず最初に申込者の「個人信用情報」を確認します。この信用情報、一言でいえば「個人のキャッシングやローン、クレジットカードの利用記録」。ここを見れば、現在の借り入れ状況や、過去に返済を延滞したことがないか、債務整理をしたことがないか、ここ最近のキャッシングやローン、クレジットカードへの申し込みが何件くらいあるのか…など、ありとあらゆる情報が分かってしまうのです。 この段階で、いわゆる「ブラックリスト」に入っている人は審査落ちになってしまい融資を受けることができなくなります。また、2〜3日のうちに何件ものキャッシング会社に申し込んでいることが判明した場合も、審査が難しくなるケースがあるようです。


2)属性スコアリング

個人信用情報に問題がなければ、次に「属性スコアリング」という審査が行われます。 これは、職業、性別、年齢、収入、勤務先、勤続年数、家族構成など様々な指標から、「申込者がどのような人物なのか」採点していく仕組みです。 点数によって融資の額が変わります。また、あまりにもスコアの低い人は審査落ちとなることもあります。

職業で言えば公務員が高スコアで、自営業や水商売、娯楽関係の職業だと不利です。 勤続年数も長ければ長いほどスコアは上がり、半年以下の場合は得点が低くなります。健康保険の種類も審査対象。未加入がNGなのは言うまでもありませんが、国保より社保のほうが有利とされています。

こういった様々な項目から、申込者の信用度をチェック。返済能力があるかどうかを確認していくわけですね。


3)総量規制に沿った借り入れかどうか

ここまでの審査内容だけだと、年収や信用度が高い人は借入可能枠がどんどん上がり、複数の会社から多くの借り入れをすることができてしまいますね。結果、多額の借金を抱え、返済ができなくなってしまうケースもあります。 また逆に、一部の悪質な金融屋が、返済能力のない者に対して多額のお金を貸し付け、非常に高い金利を暴力的な方法で取り立てるという事件も社会問題になりました。

この問題を受け、年収額と貸付金額のバランスを取るために制定されたのが、キャッシングの「総量規制」です。 これにより、年収の3分の1以上の金額をキャッシングなどで借りることができなくなりました。たとえば年収300万円の人であれば、その3分の1の100万円が借入金額の上限です。これは1社あたりの規制ではなく、総額に対する規制なので、複数の会社から借りている場合は気をつけましょう。

キャッシング会社は審査時に、信用情報機関でこの情報も確認しています。 ちなみに1社から50万円以上借りたり、複数の会社から総額100万円以上借りたりするときには年収を証明するための源泉徴収票や所得証明書が必要です。これも「総量規制」で定められている事項となっています。


返済方法

キャッシングで最も重要なのが「返済」。万が一次に借入れをしなければならなくなったときに不利にならないよう、きちんと返済したいものです。 どのように返済していけばいいかも確認しておきましょう。


1)一括?分割?利息は?

基本的には月々の分割払いで返済していくことになりますが、余裕ができたら一括で返済することも可能です。 また、通常は利息をつけての返済になります。キャンペーンや、借り入れ後何日以内に返済すれば利息がゼロなどのシステムを取っている会社もありますので、借り入れる前に各社のホームページなどで確認しておくとよいでしょう。


2)どこで返済する?

一般的には店頭窓口だけでなく、銀行ATMなどでも返済できます。

・キャッシング会社の店頭窓口 営業日時が限られているため都合がつきにくい場合が多く、実際に返済方法として利用されるケースはあまりないようです。それでも、近くにあってすぐに足を運べる場所ならば利用しやすいかもしれませんね。

・提携ATM 提携している銀行やコンビニなどに設置されているATMでの返済です。店頭窓口と異なり、24時間いつでも返済可能で大変便利です。会社によっては手数料無料のこともあるので確認しましょう。

・銀行振込 銀行窓口から指定口座へ降込む方法です。降込み手続きを行っている時間が限られていること、振込手数料が必要なことがデメリットです。

・ネットバンク振込 インターネットバンキングの口座を持っていれば自宅から簡単に振込返済ができます。ただし、キャッシング会社によって使える金融機関が限られていることがあるので注意しましょう。

・口座自動引落し 自分の銀行口座から自動引き落としで返済することもできます。あらかじめ引き落とし日が決まっていて自動的に処理されるため、忘れることがなく安心です。ただし口座残高にはくれぐれも注意です。


3)返済が遅れそうなときは…

万が一返済期日に間に合わず、返済が遅れてしまいそうなときは、事前に必ず連絡を入れましょう!脅されたりすごまれたりするのではないか?と怖いイメージを想像するかもしれませんが、通常そのようなことはありません。 むしろ、場合によっては期日を延ばしてもらえたり、支払額をその回に限り減額してくれたりすることもあります。
連絡しないまま放置しておくと様々な不利益が生じます。

・キャッシング会社から自宅や会社に連絡が入る…連絡といってもやはり対応は柔らかなもの。怖がらずに電話に出て、返済について正直に相談するべきです。

・給与差押措置をされる…あまりにも返済が遅れ、連絡も取れないということになると、給与や財産の差押措置をとられます。この段階まで来ると残りの返済額を一括支払いするよう求められる場合が多いようです。

・遅延損害金を取られる…返済金とは別に、遅延に対しての迷惑料として取られる金額です。一般的には年率20パーセント程度で、遅れた日数分だけ取られます。もちろんキャッシングの金利に上乗せされるものなので、トータルでの返済額はかなり上がってしまいます。

・個人信用情報に事故歴が残る…どの程度の延滞から事故歴として残すのかは、それぞれのキャッシング会社によって定められており、明らかにされていません。ただ明らかにされていない以上、数日間の延滞でも事故歴になってしまう可能性もあります。 個人信用情報に傷がつけば、今後の新規の借り入れだけではなく、住宅ローンやクレジットカード審査も通過できないことがあります。

返済が遅れそうなときは必ず連絡をして、担当者と相談しましょう。


キャッシングのご利用は計画的に!

方法さえわかってしまえば、キャッシングはとても簡単で便利なものです。 「借入れる前にまずは返済シミュレーションから」が一番の基本。いくら借りるかではなく、いくらなら返せるか?どれくらいの期間返済するか?を慎重に考えて、借入額を決定しましょう。 計画的な利用で、便利にキャッシングしましょうね!